サプリもおすすめです

瓶からでている錠剤

メラトニンをしっかり増やしていく際には、サプリメントという方法を使っていくことも有効的です。今回はサプリメントに関する話を重点的にしていきましょう。あなたも一度サプリメントを検討してみてください。

コンテンツリスト

白い錠剤

「メラトニン不足が影響して入眠障害が起こる人はたくさんいます」のコンテンツリストです。

不眠症の女性

入眠できないという人

うつむく女性

睡眠は人間の持つ三大欲求のひとつであり、定期的にしっかり取らないと体のリズムを崩してしまう原因となってしまいます。
そのため、まともに睡眠が取れないという人は体調を崩しやすくなりますしストレスも溜めやすくなるのです。

でも世の中には、「睡眠障害」と呼ばれる人がたくさんいます。
もしかしたらあなたも睡眠障害に陥ってしまっているかもしれませんので、今回は睡眠障害に関する話をしていきたいと思います。

まず睡眠障害にはいくつものタイプがあり、人によってそのタイプは全然異なります。
たとえば朝の目覚めがとにかく早い「早朝覚醒」と呼ばれるタイプや、いくら寝ても寝たりないという状態になる「熟睡障害」というタイプなどがあります。

ただ一般的には特に「入眠障害」という睡眠障害を抱えている人が多いといえるでしょう。
入眠障害というのはとにかく寝付けないという人のことをいいます。
早く布団に入っても数時間は起きてしまうという場合、この入眠障害が疑われます。

ではそんな入眠障害はなぜ起こるのか?
細かいことをいえばいろんな原因がありますが、実は睡眠に大きく関わっているのが「メラトニン」という物質です。
メラトニンは人間の体内で生成されるホルモンのことで、これが分泌されることで眠気が襲ってくるようになっています。
しかしあらゆる原因によってメラトニンが分泌されにくい状態になり、しばらくの間ずっと覚醒状態が続いてしまうことがあります。

あなたももしかしたら、メラトニン不足によって眠気がなかなか来ないのかもしれません。
そのような場合はメラトニンを補うことが大切になりますが、一日二日で簡単に改善できるものでもありません。
もしメラトニンが不足して睡眠障害を引き起こしている場合は、応急措置にはなってしまいますが睡眠薬の服用が有効です。
睡眠薬と聞くと良いイメージを持てない人もいるかもしれませんが、医療が発達した現代では、人それぞれの症状に合った睡眠薬が存在します。
適した薬を服用することで安全に睡眠障害から解放されることができます。

気になる人は一度、睡眠薬の種類などを調べてみるのも選択肢の一つです。

手のひらの薬

分泌されない理由とは

一体メラトニンはどうして分泌しなくなってしまうのか?ここでは具体的にどういう理由で減少してしまうのかを説明していきたいと思います。これを読んでおけばあなたも大体納得できるはずです。

カプセル

さらに増やすために

うまくメラトニンを作り出せるようにすることが、入眠障害を回避するためにも重要なことだと思います。今回はメラトニンをできるかぎり分泌させるための話をしていくので、眠れないという人は絶対に読んでおいてください。